クラウドソーシング初心者は要注意!振込手数料を節約するには?

こんにちは。 
企業戦士からフリーライターにジョブチェンジしたNao(@nao8110_writer)です。

夏になりましたね。

今回は暑い季節にぴったり、背筋も凍る恐怖のお話をしたいと思います。

それは私がクラウドソーシングで初めて案件をいただき、初めての納品を完了させて『ついに初報酬を手にできる!』と喜んだものも束の間…

『初報酬』が消えてしまった

というお話です…。

恐ろしい…恐怖の話。
まじで泣いたよ、私…。

その理由は『振込手数料』と『出金方法の設定』にありました。

そこで

この記事のテーマ

クラウドソーシングの振込手数料を節約するには?

結論
クラウドソーシング初心者は、登録後すぐに出金方法を『キャリーオーバー方式』に変更、振込口座を『楽天銀行』にして振込手数料を節約しよう!

ではさっそく、私の恐怖体験をまじえながら詳しく解説していきましょう…。

クラウドソーシングの初報酬が消えた?!

クラウドソーシングでの初仕事は、報酬260円

現在フリーライターをしている私ですが、最初のライティング案件は副業時代でした。

初めて頂いたお仕事は『文字単価0.2円、1,500文字』。
初報酬は324円からクラウドソーシングの手数料20%を差し引いた『260円』でした。

ライターとして初報酬!
金額に関係なく本当に嬉しかったな。

クラウドソーシングの振込手数料500円が大打撃!

その時は突然訪れました。

あれ?
いつの間にか報酬が振り込まれている!
けど…
なんか少ないいぃぃ!!

そうです。
能天気な私は、何も考えずに『出金方法』を初期設定のままにしていました。その結果、せっかく稼いだ報酬から振込手数料『500円』がガツンと差し引かれ、口座に振り込まれてしまったのです。

月末報酬合計:3,284円
振込手数料:500円

振込金額:2,784円

ちょっと待ってくれ。

500円消えたじゃないか。

これじゃあまるで、私の感動の初報酬が消えてしまったと同然ではないか!!!

クラウドソーシング『出金方法』の仕組み

クラウドソーシングの報酬出金方法は、大きく分けると2種類あります。今回は初心者ライターさんの利用も多い『クラウドワークス』と『ランサーズ』の例で説明していきます。

出金方法は『自動出金方式』と『キャリーオーバー方式』

クラウドワークスも、ランサーズも、ざっくりと説明すると2つの出金方法があります。

①自動出金方式
締め日の時点で報酬合計が1,000円以上だった場合、半月後自動的に指定口座に手数料を差し引いた金額が振り込まれる。

※クラウドワークスでは「随時出金方式」という呼称

つまり、締め日15日の時点で報酬合計が1,000円だったら、その月の末日に1,000円−500円の『500円』が振り込まれるんだよ。

②キャリーオーバー方式
未出金の報酬合計にかかわらず、自動的に振り込みが次回以降に繰り越される。出金(口座に振り込み)する場合は、出金方法を自動出金方式に変更する必要がある。

つまり自分が出金したいタイミングまで、報酬を貯めておけるイメージだよ。

クラウドワークスは、2つの出金方法以外にも『50,000円以上出金方式』があります。これは締め日時点で50,000円を超えた場合、半月後に振り込まれる、という出金方法です。

ただし、クラウドワークスもランサーズも、キャリーオーバー方式の繰り越せる上限期日があるから要注意!

詳しい説明や注意事項はクラウドワークスランサーズを確認してね!

初期設定は『自動出金方式』

私の初報酬が消えた理由は、クラウドソーシングの初期設定が『自動出金方式』になっていたからです。

初心者ライターさんや副業ライターさんの場合、最初の締め日の時点で報酬合計は『数千円』というパターンが多いでしょう。

初期設定のままだと、いきなり『500円』が失われます。

この時点での『500円』は大きい…。

振込手数料をなるべく抑えたい場合は、登録後すぐに出金方法を『キャリーオーバー方式』に変更することが重要です!

クラウドソーシングの出金方法を変更しよう

クラウドワークスの場合

『マイページ』→『報酬』→ページ下部より変更可能

ランサーズの場合

『マイページ』→『ランサーメニュー』→『支払い管理』→『報酬出金管理』より変更可能

クラウドソーシングからの振込口座、おすすめは『楽天銀行』

でもいくらキャリーオーバー方式にしても、振り込まれるときは500円かかるんだよね?

正直500円もったいない。

という人は『楽天銀行』を指定口座にしましょう!

クラウドワークスもランサーズも、楽天銀行のみ手数料が『100円』になります。

400円もお得だぞ!

私は楽天銀行の口座を持っていなかったので、爆速で作りました…。

【まとめ】クラウドソーシングの出金方式をチェックして賢く手数料を節約しよう!

初心者ライターさんにとって、初めての報酬は金額にかかわらず特別なものです。その大切な初報酬が振込手数料で消える、という恐怖を繰り返さないためにも、ぜひお仕事を始める前に出金方法を確認してください。

私のおすすめは出金方法を『キャリーオーバー方式』に変更して、振込指定口座を『楽天銀行』にすることです。

400円お得って、初心者ライターさんなら『文字単価0.2円で2000文字』のお仕事と一緒だしね・・。

今回はここまでだよ。読んでくれてありがとう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です